本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!

商品代金10,000円(税別)以上のお買い上げで送料割引!
15,000円(税別)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<赤>パーネヴィーノ ピカデ

トップページ  > ワイン  > <赤>パーネヴィーノ ピカデ

<赤>パーネヴィーノ ピカデ

南の赤の印象を覆す!
例年よりはAlc度数が高いにもかかわらず軽快な飲み心地♪

現当主ジャンフランコ・マンカは代々受け継いできた畑でのブドウ栽培を1986年に始め、 1994年からは公式にワイナリーとしての活動を始めます。
標高450mから700mまで、土壌も火山岩質から粘土・片岩質と様々な特性の、5つの区画に合計3haの畑を持ち、 サルデーニャの土着品種を栽培。
樹齢も品種、区画によっては100年を超えるものも。年生産量7500〜9000リットル。
大地、人、その他の生命に対して最大限の敬意を払うべく、畑では一切の施肥を行わず、 畑に自生する草を鋤き込むことで緑肥として利用しているほか、ボルドー液さえも使用せず、 細かい粉末状の土と硫黄を混ぜたものを農薬代わりに6月に1度(年、畑によっては1度も撒かない)使用する以外には 一切何も畑には散布しません。
ワイナリーでも、醸造からボトリングまでの全ての工程で一切の薬剤を使用しません。
ブドウ以外にオリーヴ、野菜、フルーツ、穀物を栽培し、それらは彼が経営するアグリトゥーリズモで供されています。


【このワインについて】
ジャンフランコは、Piscinacadeddu(ピシーナカデッドゥ)と呼ばれている区画に畑を持っており、 そこには主に、モニカとカリニャーノが植わっています。
南の赤というと、アルコールが高く果実味の強い、重たいワインと捉えられてしまうことに異を唱えたかったジャンフランコは、 モーニカとカリニャーノという軽やかな品種(カンノナウに比べると糖度が上がらない)を使って、 よりカジュアルなワインを造ろうと考えて生まれたのがピカデ。
ピシーナカデッドゥのモニカとカリニャーノに、樹齢の古い樹が残る区画のブドウをブレンドしたものとなります。
例年よりは1.5%ほどアルコール度数が高いにもかかわらず軽快な飲み心地のワインとなっております。

※お一人様1本までとさせていただきます。

5,300円[税抜き]

2014年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 ジャンフランコ・マンカ
産地 イタリア/サルデーニャ島
品種 モニカ、カリニャーノ主体
タイプ ややコク・やや辛口
アルコール度数 14.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ