本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!

商品代金10,000円(税別)以上のお買い上げで送料割引!
15,000円(税別)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<赤>サンタ・マリーア オルチア・ロッソ

トップページ  > ワイン  > <赤>サンタ・マリーア オルチア・ロッソ

<赤>サンタ・マリーア オルチア・ロッソ

極力無駄なものは入れないそして手を加えない造り!

ベルガモ出身のマリーノ&ルイーザ・コッレオーニ夫妻は、1989年に長年住むことを夢見てきたモンタルチーノに土地を購入、 1993年に家も完成し住み始めたのだが、当初はブドウ栽培・ワイン生産を自ら行うことなど全く考えていませんでした。

1994年の9月終わり頃、敷地内の“森だと思っていた”所を散歩していたところ、栗の木のてっぺんにブドウが生っているのを見つけ、 翌年その区画を綺麗にしてみると、900本程度が植わっていたであろう、小さな畑だったことが明らかになり、 地元の農業関係の検査機関に調査を依頼すると、ブルネッロ用の古い畑だと判明、その場所に1.5haの新しい畑を仕立てる許可をもらいます。
1997年にブドウを植え、2000年からワイン生産を開始。
世界の中でも指折りの銘醸地モンタルチーノとあって、DOCG認定の権利の付いた土地を購入しようものなら破格...なんとも棚ぼたな話。


現在では「これこそ天職。放っておかれたら何日でも畑にいられる。最も落ち着く場所」と語るマリーノはすっかり畑の魅力にとり憑りつかれています。
畑ではボルドー液のみを使用、セラーでも温度管理を行わず、野生酵母による醗酵、長期にわたるマセレーション、清澄もフィルタリングも行わず、 ボトリング時に若干量の二酸化硫黄を添加するのみ、なるべく人為的な介入をせず行っています。



【このワインについて】
「名醸地」モンタルチーノからほど近いにもかかわらず、知名度も得られずに時代に取り残された感のあるカスティリオーレ・ドルチャ村は、 開発(開墾)され尽くした感のあるモンタルチーノに比べて、豊かな自然が残っています。
彼の畑も周りを森に囲まれ、そこには自然界の絶妙なバランスがいまだ存在すると考えたマリーノ、 ボルドー液さえも使わないブドウ栽培に挑戦します。(年によっては1-2回使うようですが、使わない時は本当に全く)
この畑で獲れたブドウで造られるのがオルチア・ロッソで、セラーでも酸化防止剤を一切使うことなく、醸造&ボトリングを行うワインで、 完全無添加ブルネッロ(畑でもそれを目指しているのだと思います)へ向けて、野心的な実験が毎年繰り広げられています。

3,320円[税抜き]

2014年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 マリーノ・コッレオーニ
産地 イタリア/トスカーナ州
品種 サンジョヴェーゼ
タイプ ややコク・やや辛口
アルコール度数 12.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ