本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!

商品代金10,000円(税別)以上のお買い上げで送料割引!
15,000円(税別)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<白>トマ・ピコ VdF ブラン

トップページ  > ワイン  > <白>トマ・ピコ VdF ブラン

<白>トマ・ピコ VdF ブラン

未来と自然を見つめる若き瞳!

シャブリというアペラシオンはその名声の高さと世界的需要の為に、ほとんどの生産者が品質追及を放棄し、大量生産を行う怠惰な生産地域です。
自然派という枠外であっても、秀逸なワインを造る生産者が稀の中、自然派の生産者となると壊滅的状況でした(唯一の例外は、著名なアリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール)。
そんな地域にあって、僅か2haほどの畑から、自然派ワイン造りを始めたのが、(2006年当時)24歳のトマ・ピコ氏です。
彼の父もシャブリの生産者ですが、当初は栽培・醸造方法も一般的で、農薬・培養酵母などを用いてワイン造りを行っていました。
そんな環境にありながら、彼はなぜ自然派という方向性に目覚めたのでしょうか。

その問いに対してピコ氏はこう語ります。
「シャブリという地域は、多くの生産者が農薬や化学物質を用いています。ただ私は、私たちだけでなく、子供や次の世代の人のために土壌を守り、自然を守る必要があると思うのです。」
そうして、彼が目指したのが農薬や化学肥料を用いない自然な栽培、そしてそれをいかした自然派ワイン造りでした。
彼はまず、ブルゴーニュの自然派ワイン生産者、ドミニク・ドゥラン氏のもとへ研修に行きます。
実は、彼の父とドミニク・ドゥランは醸造学校時代の同級生でした。
その頃からビオロジックやビオディナミに傾倒していたドミニクが、彼にとっての師匠となったのです。
その経験を経てシャブリに戻り、祖父の所有していた畑を譲り受けてワイン造りを始めました。
ドメーヌ名のパット・ルーは、所有している畑の通称「狼の足」から名付けられました。

彼の所有する畑は、シャブリの町から南に5キロ離れた標高320mのクルジ村に位置しており、シャブリのグランクリュ(130〜150m)よりも高い位置にあります。
AOCシャブリの畑は、特徴的な石灰土壌に、ピコ氏自身が「ルージュ」と呼ぶ粘土質の土壌が加わり、そのため爽快なミネラル感に加え、厚みのある果実味がバランス良く得られます。
また1級畑であるブトーやボールガール、コート・ド・ジュアンなどは、良好な日照と標高の高さからゆっくりとブドウが成熟し、複雑味と硬質なミネラル、長い余韻が得られます。

パット・ルーのワインの最大の魅力は、シャブリというアペラシオンに求められるイメージを損なわずに、自然派ワインの柔らかい飲み心地が楽しめる所です。
石灰質土壌由来のミネラル感がしっかりとあり、そこに芳醇な果実の旨みが加わります。
全体のバランスが素晴らしく、トマ・ピコ氏の誠実で実直な人柄をそのまま瓶詰めしたような安定した味わいが楽しめます。



【このワインについて】
トマ・ピコ個人名義でリリースされているこのワインは、ラングドックや南ローヌの複数の造り手からビオ栽培されたブドウの提供を受け造られたワインで、プレスされた果汁を発酵が始まる前にトマ・ピコの醸造所に輸送し、 1から10までトマ・ピコの手によってパット・ルー同様の哲学で醸造されています。

具体的には、木樽などは使用せず、主としてステンレスタンクでの発酵・熟成を経て収穫の翌年3月に瓶詰め、厳密な清澄や濾過(ろか)も行わず、瓶詰め時に若干量の亜硫酸を添加するのみです。
シャルドネ90%、シュナン7%、クレレット3%の品種構成で、EUおよびフランスのレギュレーションで単一品種を85%以上使用している場合に品種の表示が認められるようで、名称をVDFシャルドネとしました。
南フランスのブドウですので、彼のシャブリほどの酸は無いのですが、しなやかで繊細な果実味と香ばしさを感じるアロマ、成熟した旨味とかなりハイランクな雰囲気を楽しめる味わいです。
トマ・ピコ節とでも言うべきか、彼の優しいながらも凛としたスタイルがしっかりと表現されており、高級感すら感じさせる上質なバランスです。

2,700円[税抜き]

2017年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 トマ・ピコ
産地 フランス/ラングドック地方および、コート・デュ・ローヌ地方
品種 シャルドネ90%、シュナン7%、クレレット3%
タイプ ややコク・やや辛口
アルコール度数 13.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ