本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!

商品代金10,000円(税別)以上のお買い上げで送料割引!
15,000円(税別)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<赤>パーネヴィーノ シュグスッチ

トップページ  > ワイン  > <赤>パーネヴィーノ シュグスッチ

<赤>パーネヴィーノ シュグスッチ

ナイーヴ農民詩人醸造家哲学者、兼パン職人的な天才鬼才!

現当主ジャンフランコ・マンカは代々受け継いできた畑でのブドウ栽培を1986年に始め、 1994年からは公式にワイナリーとしての活動を始めます。
標高450mから700mまで、土壌も火山岩質から粘土・片岩質と様々な特性の、5つの区画に合計3haの畑を持ち、 サルデーニャの土着品種を栽培。
樹齢も品種、区画によっては100年を超えるものも。年生産量7500〜9000リットル。
大地、人、その他の生命に対して最大限の敬意を払うべく、畑では一切の施肥を行わず、 畑に自生する草を鋤き込むことで緑肥として利用しているほか、ボルドー液さえも使用せず、 細かい粉末状の土と硫黄を混ぜたものを農薬代わりに6月に1度(年、畑によっては1度も撒かない)使用する以外には 一切何も畑には散布しません。
ワイナリーでも、醸造からボトリングまでの全ての工程で一切の薬剤を使用しません。

ワイン生産以外に、パン屋も生業としており、地元の無農薬の粉を使い、 代々受け継いできた自然発酵種(小麦粉が勝手に醗酵したもの、とでも言えば良いのでしょうか)をもとにを、薪釜でパンを焼いている。
ブドウ以外にオリーヴ、野菜、フルーツ、穀物を栽培し、それらは彼が経営するアグリトゥーリズモ(農場滞在型観光)で供されています。

【このワインについて】
ここ数年近隣の農家を、ジャンフランコが理想としているような農法、特に農薬散布の質(硫黄)とその回数(1から2回)を実践するよう仕向け、 2017年に彼らのブドウを使ってアジネジナウというワインを、そして自分のところのブドウでシュグスッチというワインを造ることにしたとのこと。
シュグスッチは「ドライ(「甘くない」と「乾いた」というどちらの意味合いも兼ねて)なジュース」を意味していて、シュグスッチという名前は、2017年が恐ろしく乾燥した年であったことに由来しています。


※お一人様1本までとさせていただきます。

※パーネヴィーノ以外のワイン(お一人様1本まで等の購入条件のないワイン)も同数お買い上げ頂けますようお願い致します。

6,000円[税抜き]

2017年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 ジャンフランコ・マンカ
産地 イタリア/サルデーニャ島
品種 カンノナウ主体、様々なブドウ
タイプ ややコク・やや辛口
アルコール度数 15%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ