本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!

商品代金10,000円(税別)以上のお買い上げで送料割引!
15,000円(税別)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<白>マルク・ペノ クール・ド・レザン

トップページ  > ワイン  > <白>マルク・ペノ クール・ド・レザン

<白>マルク・ペノ クール・ド・レザン

ミュスカデらしくないと言われ、それでも「美味しいワインに肩書きは関係ないよ」!

ロワール河の下流、ナントの街の周辺にはミュスカデの生産地域が広がります。
この地で、底なしの情熱でワイン造りにあたるのがマルク・ペノその人です。
美味しいワイン造りこそが自分の夢と語るペノ氏は、時間も手間も惜しむことなく、全てをワイン造りに費やしています。

採算度外視でワイン造りにあたるという、そのあまりの情熱のためか、ペノ氏は2007年12月に大変困難な状況に直面します。
財務上の理由からドメーヌの運営継続が困難になったのです。
全てのワインが出荷停止となり、ワイン造りを続けられるかも定かでない状況にありながら、ペノ氏はあくまで畑に出続けました。
曇らない笑顔のまま毎日畑に出ては、収穫できるかもわからない、ワイン造りをできるかもわからない、そんなブドウの世話を続けたのです。

日本にもファンの多いマルク・ペノのワインをこのまま失ってしまうのは、あまりにも残念でならないと考えた当社と現地フランスのパートナー、エノコネクション社は、 ペノ氏の所有するワイナリー「ドメーヌ・ド・ラ・セネシャリエール」の経営を引き継ぐことを決め、2008年8月には全ての登録・認可を終了し、正式に再スタートを切ることとなりました。

懸案だった問題も解決し、ペノ氏は、よりいっそうの情熱をもってブドウの栽培やワイン造りにあたっています。

現在ドメーヌでは15ha以上の畑を管理しており、その栽培と醸造をマルク・ペノ氏が担っています。
12月から4月までの期間にほぼ休みなく続く剪定作業などその作業は膨大ですが、ワイン造りにかける意欲は損なわれることはなく、品質向上のための改善を日々積み重ねています。

収穫の際には全て手摘みによって行い、痛んだ果実を排除して腐敗果の混入を防ぎます。
この地域では考えられない程、収穫量は低く抑えられており、結果として他には見られないような果実味が溢れたムロン・ド・ブルゴーニュやグロ・プランとなります。
「収穫量を抑える」と一口に言ってもムロン・ド・ブルゴーニュやグロ・プランという品種では非常に深刻な問題に直面します。
それは、この種のワインは安価なものがほとんどで、量を減らして美味しいワインを造るよりも生産量を増やして販売量を増やしたほうが経済的には有利であるということです。
つまり収穫量を2/3や1/2まで減らしてもムロン・ド・ブルゴーニュやグロ・プランといったワインを通常の2倍、3倍の価格で販売する事は難しいということです。
それでもなお品質追求をするマルク・ペノ、まさに情熱のなせる業です。

醸造に関しても、マルク・ペノならではのアイデアで彼独自のワインを生み出しています。
そのひとつが、香りの弱いムロン・ド・ブルゴーニュやフォル・ブランシュを12時間かけてじっくりプレスすることによって果汁と果皮の接触時間をとり、香りや旨味を引き出す手法を採用しています。
いわゆるマセラシオン(醸し)と同様のアプローチで、もともとは赤ワインの醸造におけるマセラシオン・カルボニック法と同様のもので、ボジョレーのマルセル・ラピエールの考えから着想を得たと言います。

発酵中は酵母が生み出す二酸化炭素の働きによって酸化を防ぎ、酸化防止剤となる亜硫酸の添加は、瓶詰めの際に極少量にとどめています。
またペノ氏はコルクの品質にも細心の注意を払い、複数の生産者と共同でコルクを購入し、そのコルクをロットごとに化学的な検査に出しています。
その検査結果をみてブショネのリスクが少ないもののみを使用しています。



【このワインについて】
ヴァン・ド・プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。
「ぶどうのこころ」という可愛らしい名前。
エチケットにはマルクの代名詞とも言えるムロン・ド・ブルゴーニュの断面が、まるで微笑んでいるかの様に描かれ、 こちらも他のキュヴェ同様、香りや旨味を最大限に引き出す為、低圧力で12時間かけて丁寧にプレスされて造られます。

ヴァン・ド・プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。
黄色い花をメインとしたフローラルな香りが真っ先に飛び込み、熟した林檎を想わせる爽快さと蜜の様なふくよかな甘みを備えた味わいを感じさせます。
酸は穏やかで丸みを帯びており、粘性を感じさせる様なオイリーさと、しなやかで透明感のあるミネラル感を感じられます。
2018年の弾けるような果実や酸に比べ、熟度は高いが落ち着きのある果実味とそれを支える丸みを帯びた酸が全体をまとまりのある味わいにしているため、より完成度の高いものに。
余韻には花梨や、カモミールなどのハーブのニュアンスと、香ばしくビターな風味が長く続きますが、あくまでも軽やかで春から夏にかけて大活躍しそうな味わいです。

2日目以降は丸みのある酸はそのままに、果実味が落ち着き全体の骨格やストラクチャーがハッキリと感じ取れるようになってきます。
1日目はプリムールのような溌剌とした果実メインの味わい、2日目以降は表情の出てきたじっくりと向き合うワインとして更なる楽しみを感じて頂けます。

2,430円[税抜き]

2019年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 マルク・ペノ
産地 フランス/ロワール地方
品種 ムロン・ド・ブルゴーニュ
タイプ ややコク・やや辛口
アルコール度数 12.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ