本文へスキップ

九十九里町・東金市へは、ご注文頂いた(16時まで)その日に送料無料でお届け!!

商品代金11,000円(税込)以上のお買い上げで送料割引!
16,500円(税込)以上で
送料無料!※沖縄を除く

カート画像

<赤>トニー・ボールナール ヴィヴル・ダムール・エ・ド・プルプル

トップページ  > ワイン  > <赤>トニー・ボールナール ヴィヴル・ダムール・エ・ド・プルプル

<赤>トニー・ボールナール ヴィヴル・ダムール・エ・ド・プルプル

ボールナールJr.夢は父親を超えるヴァンヴィヴァンをつくること!

オーナーであるトニー・ボールナールは、ジュラのスター生産者フィリップ・ボールナールを親に持つ代々ヴィニョロンの家系で育った。
幼い頃から父親のように自らのワインをつくってみたいと思っていた彼は、1998年高校を卒業後、Lycee Viticole de Beaune(ボーヌ醸造学校)でワイン全般を学び、 2002年にはマコンのワイン学校(BTS)で1年間栽培醸造、そしてもう1年はパリで経営を学ぶ。
2004年1月、BTS卒業後、語学の勉強も兼ねて、ナチュールとは対極的な栽培方法・醸造テクニックを経験するために、 半年間オーストラリアの大手ワイナリーで研修し、その後すぐにアメリカに渡り、ナパのブティックワイナリーで半年間研修をする。
2005年3月アメリカから帰って来た彼は、父親のフィリップが後継ぎのために用意をしていたドメーヌのポストを断り、自らワイナリー立上げの資金を貯めるために別の道を歩む。
そして、2005年4月からジュラ・ボワソンという酒類販売会社の営業として働く。
だが、仕事は2年と続かなかった。
2007年に会社を退職してから4年間は、ボジョレー、サンジョセフ、リヨン、サンテ=ティエンヌのワインショップを転々とするが、なかなかうまく資金を貯めることができなかった。
30歳までにワイナリーを立ち上げるという夢が叶わなかった彼は、もう一度ゼロからチャレンジする覚悟で2011年4月フィリップの元に戻る。
父親のドメーヌを手伝いつつ、一方で父親から畑を譲り受けたり、あるいは自ら購入しながら、少しずつドメーヌ立上げの準備を整える。
そして、2013年1月、ついにドメーヌをスタートさせる。


【このワインについて】
本邦初リリース!
コンセプトはみずみずしいヴァン・ド・ソワフ。
2018年はブドウが豊作だったので、収穫を2回に分け、前半の早摘みをボールナールのペティアン Taint-mieux に、 そして後半の遅摘みを今回の新しいキュヴェに仕上げた。
ワイン名は Vivre d’amour et d’eau fraiche というフランス語の慣用句と掛けている。
直訳すると「愛とフレッシュな水だけで生きる」、慣用句の意味は「恋愛に夢中になって生活をないがしろにする」という皮肉が込められている。
その eau fraiche(フレッシュな水)をプルサールの Plouplou(ごくごく喉を癒すという単語 Glouglou にプルサール Plou を掛けたフィリップの造語)に変え、 「恋愛とゴクゴク飲めるプルサールだけじゃ生活は成り立たないよ!」という洒落を利かせている。
出来上がったワインは、名前の通り軽快でみずみずしく、赤い果実のエキスとチャーミングな酸がやさしいまさに喉を潤す味わいに仕上がっている!
それでいて、きちんとダシのような澄んだ旨味とミネラルがワインに溶け込んでいる!
飲めば飲むほど体も気持ちも癒されるようなキュートな薄ウマワインだ!


【2018vinは】
グロゼイユ、ザクロ、フランボワーズのジャム、バラ、プラリネ、海苔の香り。
ワインは軽快かつチャーミングで生き生きとしたキュートな酸があり、みずみずしい果実味を繊細なミネラルと紅茶のようなキメの細かいタンニンが優しく引き締める!
SO2無添加!ノンフィルター!

※お一人様1本までとさせていただきます。

※トニー・ボールナール以外のワイン(お一人様1本まで等の購入条件のないワイン)も同数お買い上げ頂けますようお願い致します。

4,620円[税込]

2018年 在庫:
数量:
その他の画像
生産者 トニー・ボールナール
産地 フランス/ジュラ/ピュピラン
品種 プルサール
タイプ 軽やか・やや辛口
アルコール度数 10.5%
容量 750ml

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品検索

キーワード

価格範囲



店舗情報

太田屋酒店店舗写真

〒283-0104
千葉県山武郡九十九里町片貝6781
TEL.0475-76-2037
FAX.0475-76-0913
メールでのお問い合わせ